gu おばちゃん おふざけ おやつ お祭り かめはめ波 かわいい たこ焼き とざん ひとり旅 ろくろ ろば わしづかみ アイドル アクティビティ アクロバティック アディダス アメリカ アルゼンチン人 アルパカ アンデス アート イベント イルミネーション ウシガエル ウニベルシダデス ウミガメ エイ エルカスティージョ カエル カクテル カリフォルニア カリブの海賊 カレー カーニバル ガイド キリキリの丘 キリキリ展望台 キリスト教 ギター グラナダ ケーブルカー コパカバーナ コルドバ コロンビア コロンビア料理 コロンビア旅行 コロンビア民芸品 コーラ ゴム弾 ゴーカート サンカルロス サンタモニカ サンディーノ サンフアンデルスル サンフェルナンド サンフランシスコ教会 サーカス サーカス団 サーファー サーフィン シパキラ ジャングル スペイン スペイン語 スポーツ セマナサンタ セルカ棒 ソフトボール ソモト ソリ ソレンティナメ ソーラン節 タクシー ダイブ チケット売り場 チチカカ チチカカ湖 チャーハン チョリプロ チョリータ ツアー テリヤキチキン テーマパーク ディスコ ディズニーランド デモ トイレ トラ トランスミレニオ ドライブ旅行 ニカラグア ニカラグア湖 ニワトリ ネタ ハット ハーフ バス バス旅 バレー バレーボール バー ヒカロの実 ヒノテぺ ヒノテガ ビーチ フィエスタ フェスティバル プロレス ベネズエラ ベースボール ペルー ボゴタ ボテロ ボテロ美術館 ボディペイント ボリビア ボリビア旅 ボリーバル広場 ボート ボードゲーム ポップコーン マジックペン マタガルパ マテ茶 マナグア マネキン マンカロン マンゴージュース メキシコ メジャーリーグ メトロ メルカド モナリザ モンセラーテ ユニフォーム ヨット ラグビー ラテン ラテンアメリカ ラパス ラーメン リオのカーニバル リトルトーキョー リーグ戦 ルート66 レオン レーサー レース ロサンゼルス ロス ロバ ロープウェイ ワイン 七夕 世界 中南米 中南米野球 中学生 中米 交流 伝統玩具 体育館 体調不良 催涙ガス 催涙弾 先住民 公園 公衆電話 内戦 出張 初心者 北部 北部旅行 十字架 南米 南米旅行 南部 危機 危険 台湾野球 国内リーグ 国内旅行 国際試合 在留邦人 塩の教会 外務省 外国人 外国人助っ人 外国語 太平洋海岸 女子プロ 女子リーグ 子ども 子供 子供たち 孫悟空 実弾 審判 小鳥 居酒屋 屋根 展望台 島民 川下り 市場 年始 年末 年越し 強奪 強盗 待ち時間 怪我 情報収集 抗議活動 折り紙 採掘 探検 接収 撮影 政府 政治 教会 散々 文化イベント 文化祭 旅行 日本 日本チーム 日本人 日本人初 日本文化 日本文化祭 日本料理 日本食 旧市街 時の人 景色 月の谷 月光仮面 月面 木彫り 東北旅行 桟橋 標高 正月 歩道 民族衣装 民芸品 洞窟 海ガメ 海ガメ放流 海ガメ赤ちゃん 海外 海外スポーツ 海外バレーボール 海外出張 海外子供 海外旅行 海外生活 海岸 渓流下り 渓谷 港町 漆黒 漫才師 火傷 火山 火曜日 火花 火薬 現地人 現状 田舎町 男旅 発展途上国 登山 白ティー 第2の都市 組体操 経済状況 絶景 美容室 聖母受胎 背番号 腹痛 花火 芸術作品 英国軍 要塞 観光 観光地 観光客 語学 諸島 警察 遊具 酸素ボンベ 野球 野球場 野球応援 陶器 雰囲気 青年海外協力隊 飛び込み 食堂 高地 高山病 黄色いハンカチ 黄金博物館 3部リーグ

ふざけすぎた男旅最終日。エルカスティージョ

セマナサンタ男旅3日目は、 サンフアン川の中間にあるまち、エルカスティージョへ。 エルカスティージョは、スペインが英国軍やカリブの海賊たちからの防衛のためにつくった要塞が有名なまちです。 ソレンティナメのマンカロン島にいた僕たちは島を出発し、 旅の中継地点のサンカルロスに戻って船を予約し、出港待ち。 エルカスティージョは、今回の旅の計画にはなく思いつきだったので、 日帰りで行くつもりでしたが、帰りの船がなかったため1泊することにしました。 サンカルロスからボートで1時間半の急行と、3時間の鈍行があるのですが、 僕たちはタイミング的に鈍行しかなかったので、3時間かけてゆっくり川下りをすることに。 途中いくつかの船着き場に寄り、乗客をおろしていましたが、 どこも「ひと住んでるの?」と聞きたくなるような場所でした。行ってみたくなりました。 隣の酔っ払いオヤジの落ち着きのないこと。 これは途中にあった集落の救急車ならぬ、救急ボートだそうです。 要塞が遠くに見えてきました。(左隅) そして、到着。 覚悟をしてたからか、3時間の川下りもそこまで長くは…

続きを読む

ソレンティナメ諸島最大の島、マンカロン島

サンフェルナンド島で1日目を過ごし、 2日目はソレンティナメ諸島の中で最も大きい島、マンカロン島へ!! マンカロン島行きのボートを待つ間、サンフェルナンド島に住む数少ない子供達と戯れて時間つぶし。 そして、マンカロン島へ向け出発!! 到着!! 近い!! 着いてすぐにカラフルな建物を発見。 中を覗いてみると、 可愛い教会でした。 あいてなかったけど。 この島も舗装された道は1本のみ! でもサンフェルナンド島のよりずっと長い! マンカロン島は木彫りの鳥が有名で、そこら中の家で売っています。 この鳥たちが島の観光資源。 小鳥作りができる場所もあり、挑戦。 小鳥作りといっても、形はすでにできているので色を塗るだけ。 ただこの色塗りがめちゃめちゃ難しい。 結構時間をかけて、奇妙な鳥を3匹生産。 …

続きを読む

旅の中継地点のまち、サンカルロス!

今年のセマナサンタは、また男旅! 男3人で、ニカラグア湖に浮かぶソレンティナメ諸島に行くことにしました! ソレンティナメ諸島はニカラグア湖の最南部にあり、ほぼコスタリカくらいの位置にあります。 野鳥の種類が多いことや、先住民が描く”素朴画”が有名で、 スペイン人が昔、観光資源のないこの諸島に絵を描く技術を伝えたそうで、島民のほとんどが画家の島もあるそうです。 そのソレンティナメに行くために、まず、首都のマナグアから車で5時間走り、サンカルロスというまちまで行きます。 サンカルロスは去年にも水上カーニバルを見に行ったので、今回が2回目。 それでも慣れない遠さ。 サンカルロスに到着! このまちに車を置き、船でソレンティナメ諸島へ向かいます。 船を予約し、時間が来るまでまちをぶらぶら。 どこを見ても雰囲気がいい。 強めに押したら倒れそうな建物がたくさん並んでいます。 そして船が出発の時間。 ついにソレンティナメへ向け出発です!! 船の周りには水遊びをしている現地人たちも。 乗り込み完…

続きを読む

日本人チーム参戦!ニカラグアソフトボール大会

青年海外協力隊員のコネクションで、 ベネズエラ大使館主催のソフトボール大会に日本人チームとして参加することになりました!! とりあえず勝つ! がモットーなので、大会形式すらちゃんと把握してませんが、 大まかに言うと、リーグ戦形式で、リーグで上位に入るとセミファイナルに進めるそうです。 大勢の観客が集まり、参加国の国旗が掲げられ、 メディアも集まった盛大な開会式の後に行われた開幕戦は、 ニカラグア外務省チームVS我らが日本人チーム!!! ちなみに、僕はバレーの試合があって、開会式にも最初の集合写真にも間に合いませんでした。 野球経験者2人が海外旅行中で不在の日本人チームは、ほとんどが未経験者。 それに対して、 外務省チームはゴリゴリの経験者揃い。 たくさんのドラマが生まれましたが、 結果は惨敗。 作戦を練ってリーグ突破を目指します。 これは別日の写真。 アイドルに全員が目を奪われた瞬間。

続きを読む

小学校で日本文化祭!ヒノテペ市

青年海外協力隊の友達に誘われ、 彼の勤務先であるカラソ県ヒノテペ市にある”Alexa小学校”に、日本文化フェスティバルのお手伝いに行ってきました! ヒノテペ市は僕の住んでいるマナグアから少し距離があり、 ヒノテペの夜を楽しみたいという気持ちもあったので、別の友達と前日入り! ヒノテペでオススメのお店を何件かまわり、楽しい夜を過ごした後、翌日朝からフェスティバルです。 フェスティバルには10人以上の日本人が来て、お手伝いをしました。 カレー作り たこ焼きコーナー ボディペイント 折り紙教室 僕はフリーで全体を見る役のはずでしたが、人数の少なかった七夕ブースにほとんどつきっきりでした。 自分の願いを書いた短冊を結んでどや顔。 最後には、隊員が教えたソーラン節を学生みんなで披露。 子供たち可愛かったし、どのブースも大好評だったし、大成功! ヒノテペ、また今度!

続きを読む

日本人初?バレーボール国内リーグの選手に!

ニカラグアバレーボール協会とスポーツ庁が共催する、 バレーボール、ニカラグアナショナル3部リーグの選手として、開幕戦に出場してきました! ナショナル3部リーグといっても、レベルは名前負けしているので、 高校バレー千葉県大会ベスト4チームくらいのチームが出場したら優勝できると思います。 本当かどうかはわかりませんが、大会関係者曰く、この大会に参加するアジア人は僕が初めてだそうです。 (地方の大会に参加している日本人は何人か知っていますが) 僕のチームは ”Legion" というチームで、いつも一緒に公園でバレーしているメンバーで構成されています。 公園に来るのはレアメンバーも含めると50人を超えるので、 大会登録メンバーを選ぶのに、1日ぶっ通しで紅白戦を繰り返すという謎のセレクションのようなものがありました。 セレクションの結果、13人ほど選出され、僕は手首と指が柔らかいという理由でセッターとして出場することになりました。 開幕戦の予定日は1月の最終週だったのですが、謎に延長されて2月1週目に。 その後も謎の延長が2週続き、結果、2月の3週目に開幕戦が行われました! ”Legion” はこれまでも大会参加の経験があるので、すでにチームユニフォームを持っていたのですが、 今回はメンバー編成も変わるという…

続きを読む

もっと見る

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村