gu おばちゃん おふざけ おやつ お祭り かめはめ波 かわいい たこ焼き とざん ひとり旅 ろくろ ろば わしづかみ アイドル アクティビティ アクロバティック アディダス アメリカ アルゼンチン人 アルパカ アンデス アート イベント イルミネーション ウシガエル ウニベルシダデス ウミガメ エイ エルカスティージョ カエル カクテル カリフォルニア カリブの海賊 カレー カーニバル ガイド キリキリの丘 キリキリ展望台 キリスト教 ギター グラナダ ケーブルカー コパカバーナ コルドバ コロンビア コロンビア料理 コロンビア旅行 コロンビア民芸品 コーラ ゴム弾 ゴーカート サンカルロス サンタモニカ サンディーノ サンフアンデルスル サンフェルナンド サンフランシスコ教会 サーカス サーカス団 サーファー サーフィン シパキラ ジャングル スペイン スペイン語 スポーツ セマナサンタ セルカ棒 ソフトボール ソモト ソリ ソレンティナメ ソーラン節 タクシー ダイブ チケット売り場 チチカカ チチカカ湖 チャーハン チョリプロ チョリータ ツアー テリヤキチキン テーマパーク ディスコ ディズニーランド デモ トイレ トラ トランスミレニオ ドライブ旅行 ニカラグア ニカラグア湖 ニワトリ ネタ ハット ハーフ バス バス旅 バレー バレーボール バー ヒカロの実 ヒノテぺ ヒノテガ ビーチ フィエスタ フェスティバル プロレス ベネズエラ ベースボール ペルー ボゴタ ボテロ ボテロ美術館 ボディペイント ボリビア ボリビア旅 ボリーバル広場 ボート ボードゲーム ポップコーン マジックペン マタガルパ マテ茶 マナグア マネキン マンカロン マンゴージュース メキシコ メジャーリーグ メトロ メルカド モナリザ モンセラーテ ユニフォーム ヨット ラグビー ラテン ラテンアメリカ ラパス ラーメン リオのカーニバル リトルトーキョー リーグ戦 ルート66 レオン レーサー レース ロサンゼルス ロス ロバ ロープウェイ ワイン 七夕 世界 中南米 中南米野球 中学生 中米 交流 伝統玩具 体育館 体調不良 催涙ガス 催涙弾 先住民 公園 公衆電話 内戦 出張 初心者 北部 北部旅行 十字架 南米 南米旅行 南部 危機 危険 台湾野球 国内リーグ 国内旅行 国際試合 在留邦人 塩の教会 外務省 外国人 外国人助っ人 外国語 太平洋海岸 女子プロ 女子リーグ 子ども 子供 子供たち 孫悟空 実弾 審判 小鳥 居酒屋 屋根 展望台 島民 川下り 市場 年始 年末 年越し 強奪 強盗 待ち時間 怪我 情報収集 抗議活動 折り紙 採掘 探検 接収 撮影 政府 政治 教会 散々 文化イベント 文化祭 旅行 日本 日本チーム 日本人 日本人初 日本文化 日本文化祭 日本料理 日本食 旧市街 時の人 景色 月の谷 月光仮面 月面 木彫り 東北旅行 桟橋 標高 正月 歩道 民族衣装 民芸品 洞窟 海ガメ 海ガメ放流 海ガメ赤ちゃん 海外 海外スポーツ 海外バレーボール 海外出張 海外子供 海外旅行 海外生活 海岸 渓流下り 渓谷 港町 漆黒 漫才師 火傷 火山 火曜日 火花 火薬 現地人 現状 田舎町 男旅 発展途上国 登山 白ティー 第2の都市 組体操 経済状況 絶景 美容室 聖母受胎 背番号 腹痛 花火 芸術作品 英国軍 要塞 観光 観光地 観光客 語学 諸島 警察 遊具 酸素ボンベ 野球 野球場 野球応援 陶器 雰囲気 青年海外協力隊 飛び込み 食堂 高地 高山病 黄色いハンカチ 黄金博物館 3部リーグ

体調最悪、高熱ニカラグア旅行!

日本から知り合いがニカラグアに遊びにきてくれました! 約2年半もずっと来る来る詐欺をしていた詐欺師なのですが、ようやく来てくれたのでよし。 としようとした矢先、 到着して家に着いた瞬間に爆睡しだしました! しかも真昼間に3時間!! メキシコに寄って何日間か過ごして来たから時差ボケはないはずなのに。 メキシコで飲みすぎて寝てないと言っていたので、 ニカラグアで寝やがって!と思っていましたが、 起きた後にした軽いマナグアツアー中も様子がおかしく、 ニカラグア名物のチュラスコステーキを食べに行っても、大きいサイズ頼んだくせに半分も食べられず、 体調を崩しきっているのが明らかでした。 家に帰って熱をはかってみると、なんと38度5分!! 高熱じゃん!やめてくれよ!なんでだよ! めちゃめちゃお腹壊してるし、メキシコで何して来たんだよ!!! これだけ熱があったらどうしようもないので、とりあえず寝かし、 次の日の予定もキャンセルで夕方まで寝かし、 翌日にニカラグア北部、ソモト市の渓谷ツアーを上司家族と予約していたので、 夕方からは、マナグアとソモトの間くらいにあるレオン市にホテルをとってあり、そこまで移動してホテルで寝かしました。 …

続きを読む

ソレンティナメ諸島最大の島、マンカロン島

サンフェルナンド島で1日目を過ごし、 2日目はソレンティナメ諸島の中で最も大きい島、マンカロン島へ!! マンカロン島行きのボートを待つ間、サンフェルナンド島に住む数少ない子供達と戯れて時間つぶし。 そして、マンカロン島へ向け出発!! 到着!! 近い!! 着いてすぐにカラフルな建物を発見。 中を覗いてみると、 可愛い教会でした。 あいてなかったけど。 この島も舗装された道は1本のみ! でもサンフェルナンド島のよりずっと長い! マンカロン島は木彫りの鳥が有名で、そこら中の家で売っています。 この鳥たちが島の観光資源。 小鳥作りができる場所もあり、挑戦。 小鳥作りといっても、形はすでにできているので色を塗るだけ。 ただこの色塗りがめちゃめちゃ難しい。 結構時間をかけて、奇妙な鳥を3匹生産。 …

続きを読む

月の谷は想像以上だった!ボリビア旅

月の谷へ!! 月の谷とは、長い月日をかけて山が侵食されてできた、まるで月面のようにデコボコした奇岩群。 だそうです。 ラパス市街からはバスで1時間弱のところにあり、行き方はいくつかあるのですが、 友達が予約してくれていたので、チョリプロの時と同様に”サンフランシスコ教会”から出るバスツアーで行くことに。 数十分走ると、車窓がもうそんな雰囲気になってきます。 今回は、バスはどこにも寄り道せずに月の谷に到着。 チケット売り場に人が並んでいましたが、あんまり人数は多くなかったような気がします。 僕たちはツアーなので並ぶ必要はなく、すんなり入場。 入ってすぐ人工的な門?通路?があり、 そこを通るとすぐに月面に到着します。 いい感じに雰囲気演出しているおじさんもいます。 あんまり人気のない観光地らしいですが、 ものすごい迫力あるし、どこを撮ってもいい感じの写真になるし、想像以上に楽しめました。 そして記念撮影。 暗い。 標高が高いので、酸素…

続きを読む

先住民女子プロレス!ボリビア旅

ボリビア先住民女性(チョリータ)のプロレス、通称”チョリプロ”を見に行ってきました! 今回行ったチョリプロの会場までは、ラパスの中心から約1時間。 ツアー会社を利用し、サンフランシスコ教会から出るバスで向かうことにしました。 サンフランシスコ教会に行く前に、 乗りたかった”Teleférico(ロープウェイ)”に乗車。 ラパスは標高差が激しい町なので、この”Teleférico”は大事な交通手段です。 利用者の中には自転車を担いで乗っている人の姿もちらほら。 メトロのように改札があり、車体の色別にルートが分かれています。 今は政府ががんばって”Teleférico”の線を増やしている最中だそう。 真上から町を見るのもおもしろい。 で! サンフランシスコ教会からバスで出発!! 20分くらい走ると一旦停止し、ラパスが一望できる展望台とやらで降ろされました。 ツアー会社なんでこういうサービスがあるんですね。 その展望台からの景色がこれ。 いや、屋根。 ほぼ屋根。 展望台っていうからもっと確実な絶景を期待したのに、 視界の半分以上が屋根じゃん。しかも割と貧困層の家々の屋根。 ラ…

続きを読む

ペーニャからのキリキリで年越し。ボリビア旅

2017年12月31日、 年越しの前に、ペーニャで有名な”ウアリ”というお店に行きました。 ペーニャとは、アンデスの伝統音楽を聴いたり踊りを見ながら、ご飯を食べられて、お酒を飲める場所。 ご飯を食べていても頻繁にステージに誘われ、一緒に踊ります。 お店にいたほとんどの人が誘われて踊っていましたが、僕はなぜか一回も誘われませんでした。 踊りたいオーラ全開だったはずなのに、一緒にいた友達は4、5回誘われて僕は0回。おかしい。 みんなが楽しそうに踊っているのを、初めて食べるリャマ肉を堪能しながらおとなしく見ていました。 リャマ肉おいしかった。 そして念願の、 ニカラグア以外での年越し! 3年目の正直! 選んだ場所はキリキリ展望台。 ラパスの街を見渡せる展望台で、年越しの時は街中で上げられる花火を見下ろせるそう。 花火を見下ろせるほど高い。 行くしかない。 年越しの1時間ほど前に展望台に到着すると、 もうすでにたくさんの人が集…

続きを読む

チチカカ湖に浮かぶ港町、コパカバーナ!ボリビア旅

高山病の症状も落ち着いてきたので、 ラパスからバスとボートで3時間半くらい?のところにある”コパ・カバーナ”に行ってきました。 ”コパ・カバーナ”はチチカカ湖に面した湖畔の町です。 道中のバスから。 コパカバーナはチチカカ湖に浮かぶ島にあるので、ラパスから行くにはボートで湖を渡らなければなりません。 ボート乗り場の近くにはお店がいっぱい。 一旦バスを降りて、ボートに乗り込みます。 そして渡ります。 バスも別のボートで運ばれます。 渡ったらバスに乗り込み、また1時間くらい走るとようやく”コパ・カバーナ”に到着です。 いろんな形のボートがあったり、出店がたくさん出てたり、テーブルゲームがそこら中に置かれていたり、 アルパカがいたり、乗ロバがあったり、港付近は観光地感がすごく出ていました。 今回は港以外を周ることはできなかったけど、もっと深い何かがあったかも。 ペルー側からのチチカカ湖は全く違うらしいので、近い将来行かないと。

続きを読む

もっと見る

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村