マタガルパ旅!ニカラグアにもこんなに日本人がいる!

20人弱のニカラグア在住の日本人でマタガルパ旅に行ってきました! マタガルパはニカラグア北部にあるコーヒーやカカオが有名な町。 マタガルパ在住の日本人が数人いるので、ほぼ全て彼らに任せた旅でした。 大勢集まりましたが、みんな住んでる場所もバラバラだし動きもバラバラなので、それぞれが都合のいい時間に現地に集まり、都合のいい時間に解散するスタイル! 自由で最高! 初日はみんなでご飯を食べる予定しか無かったので、 時間の都合のあった2人とマナグアをバスで出発し、マタガルパのまちをうろうろ。 どんどん人が集まり、みんなでご飯! 宿はホステル1つをほぼ貸切ってみんなで2泊! ニカラグア北部の寒い地域での水シャワーは、マナグアで浴びる何倍もの破壊力でした。 2日目は、 チョコレート工場(El Castillo) からの 山奥の織物おばちゃん、アクセサリーショップ巡り。 おしゃれトイレ チョコレート工場からは、バスを貸し切っての移動でした。 道中でかわいいおばあちゃんを発見。 3日目は、 それぞれが…

続きを読む

”Gritería”もらい物で溢れる最高なお祭り

12月8日は、聖母受胎の日"Purísima"でニカラグアは祝日! ”Purísima”は日本にはない祝日ですが、カトリックの国であるニカラグアでは大事な祝日です。 さらにニカラグアでは、”Purísima”の前日である12月7日の夜に”Gritería”と呼ばれる世界唯一のお祭りがあります。 そして、 この”Gritería”がめちゃくちゃ楽しい!! ”Gritería”では、町のそこら中にある聖母マリア様を飾った家に行き、 ”Purísima”を祝う歌を歌い、 ”Gritería”の決まり文句である "¿Quién causa tanta alegría?" "¡La Concepción de María!" を叫ぶと、 果物やら、ニカ飯やら、お菓子やら、コップやら、ボールやらいろんなものがもらえます。 ちょっとハロウィンのトリック・オア・トリートに似ている感じがしますが、 ”Gritería”は歌の種類も10種類以上あるし、叫ぶ決まり文句もいくつかあるし、お菓子だけじゃなくいろんなものをもらえるので、個人的には何倍もおもしろいと思います! 町中の人たちはみんな、たくさんものをもらうために、でっかい袋を持って町を歩き回ります。 僕も日本人の友達3人と町中を歩き回ってきました! …

続きを読む

サンフアンデルスル!痛すぎる初サーフィンの思い出

あんまり知られていませんが、ニカラグアはサーフィンが有名な国! 世界中からサーファーが集まるスポットがたくさんあるんです! ニカラグアに2年以上も住んでいるのに、1度もサーフィンをしたことがない罪深い僕は、今回ついに初サーフィンの時を迎えました。 場所は、数あるスポットの中でも一番有名なサンフアンデルスル!! 観光客とサーファーにあふれたニカラグアが誇るリゾート地で、 ここでサーフィンをするためだけに海外からニカラグアに来る人もいます。 この町には、難易度の違ったビーチがいくつかあるのですが、 今回は人生初ということで、難易度の比較的低い「エルモサビーチ」というところに行ってきました。 ビーチは町から車で30分弱。 移動は、町中にあるサーフショップが出しているシャトルで向かいます。 自分の車でも行けますが、ボードのレンタルなども一括でお願いできるし、ビーチまでの道が異常に悪いのでシャトルで行くのが無難です。 こんなトラックで他のサーフ客と一緒に向かいます。 山を越えた先にあるビーチだったので道が険しく、ボコボコの道を進み川を超えて行くアドベンチャーです! 30分ほど荷台で揺れて、ようやく到着! よぉぉおし!! ついにきたぞこの時が!…

続きを読む

ニカラグアとは思えない新球場が完成!

マナグアでずっと建築していた新球場”Estadio Nacional Dennis Martínez"がついに完成! 完成記念で行われた、ニカラグア代表対台湾代表の試合を見に行ってきました! 10月19日(木)に完成式が行われ、ニカラグア出身の元メジャーリーグ投手で、中南米出身選手最多の245勝、完全試合の経験もあり、スタジアムの名前にもなっているデニス・マルティネスが始球式!大統領も副大統領も参加する盛大な式典でした! この球場は台湾資本で作られたこともあり、 完成式翌日の20日(金)~22日(日)の3日間、ニカラグア代表対台湾代表の交流試合が行われました。 交流試合1日目のチケットは、元々完成式がその日に行われる予定だったので、一瞬で売り切れて買うことが出来ず、2日目に見に行くことに。 球場は近未来的で、ニカラグアの他の建物とは見るからにレベルが違う! 外見も内見もブルペンの配置とか、試合中のアナウンスとか試合の進め方とか、何もかもがメジャーリーグを彷彿させます。(僕はメジャーの球場に行ったことがないので全くわかりませんが、行ったことのある人たちみんなが言ってたからきっとそうです) 席は3塁側(台湾側)の手前ということもあり、完全に台湾人に間違われ、いろんなニカラグア人から「俺らが勝つからな!」などと言われ、 この…

続きを読む

マナグアに出現した謎のサーキット

約3か月前、ここマナグアに突如現れたサーキット。 これまで常設のテーマパークと呼べるような施設はほぼなく(てか、ない!)、週末遊べる場所と言ったら湖か海か山などの自然がメインだったこのニカラグアに、ついに人工的な常設の遊び場が作られた。 サーキットがあるのは、マナグア湖の湖畔“サルバドール・アジェンデ港”の敷地内。 画面でしか見たことのない未知の施設の登場にマナグアは盛り上がり、サーキットの完成式には大統領の息子も参加するほどの注目度! ちなみに、彼が完成式の日にカートに乗ってサーキットで楽しんでいる写真は新聞一面で報道された。 そんな大注目のゴーカートだが、にぎわったのは完成からたったの2、3週間のみ。 というのも、値段が1回10分11米ドルと高いためで、平均月収が200米ドル強のニカラグア人たちにとってはだいぶ贅沢な遊びなのだ。 僕は、漠然とした恐怖感もあり、「行きたい!」とは思わずなにごともなかったかのように過ごしていたが、 完成から3か月がたった今、流れから知り合いと挑戦しにいくことに。 ニカラグアの祝日に行ったのだが、それにも関わらず人は少なめで、待ち時間もほぼなしで遊ぶことが出来た。 もう熱は完全に冷めたようだ。 行ってまずするのは登録。 登録は店に2台あるパソコンで各自行う。 名前や生年月日などの必要事項を記入して、ゲーセンのマリオカートにあるような自分の…

続きを読む

もっと見る

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村