体調最悪、高熱ニカラグア旅行!

日本から知り合いがニカラグアに遊びにきてくれました! 約2年半もずっと来る来る詐欺をしていた詐欺師なのですが、ようやく来てくれたのでよし。 としようとした矢先、 到着して家に着いた瞬間に爆睡しだしました! しかも真昼間に3時間!! メキシコに寄って何日間か過ごして来たから時差ボケはないはずなのに。 メキシコで飲みすぎて寝てないと言っていたので、 ニカラグアで寝やがって!と思っていましたが、 起きた後にした軽いマナグアツアー中も様子がおかしく、 ニカラグア名物のチュラスコステーキを食べに行っても、大きいサイズ頼んだくせに半分も食べられず、 体調を崩しきっているのが明らかでした。 家に帰って熱をはかってみると、なんと38度5分!! 高熱じゃん!やめてくれよ!なんでだよ! めちゃめちゃお腹壊してるし、メキシコで何して来たんだよ!!! これだけ熱があったらどうしようもないので、とりあえず寝かし、 次の日の予定もキャンセルで夕方まで寝かし、 翌日にニカラグア北部、ソモト市の渓谷ツアーを上司家族と予約していたので、 夕方からは、マナグアとソモトの間くらいにあるレオン市にホテルをとってあり、そこまで移動してホテルで寝かしました。 …

続きを読む

フロール海岸!ウミガメ赤ちゃんの巣立ち

約1年前までニカラグアに住んでいた先輩が休暇を使ってニカラグアに遊びに来たので、 2人ともまだ成し遂げていなかった、ウミガメ赤ちゃんの海への旅立ち見送りをしに行ってきました! 場所は、ニカラグア南部のリバス県にあるフロール海岸。 サーフィンで有名な観光地サンフアンデルスルから車で45分ほどの位置にあります。 ウミガメを見られるのが夜8時からで、 マナグアからだと帰りが遅くなって危ないのでサンフアンデルスルに1泊して見にいくことに。 宿に荷物を置いてからフロール海岸に向かいましたが、 街灯もなく穴だらけのガタガタ道が続き、車は崩壊寸前。 45分ほど走ると光が見え、ウミガメたちを管理する小屋のようなところに到着。 ニカラグア在住の大人は100コルドバ ニカラグア在住以外の大人は200コルドバでビーチに入ることができます。 僕はニカラグア在住なので100コルドバ。約370円くらい。 小屋には大量のウミガメの赤ちゃんが保護されていました。 ウミガメに赤いライト以外の光をあててはいけないらしく、携帯のフラッシュ部分に赤いシートを貼られ、ビーチに。 ビーチに出ると、放されたウミガメの赤ちゃんが大量に! 足元にライトをあてて意識し…

続きを読む

マタガルパ旅!ニカラグアにもこんなに日本人がいる!

20人弱のニカラグア在住の日本人でマタガルパ旅に行ってきました! マタガルパはニカラグア北部にあるコーヒーやカカオが有名な町。 マタガルパ在住の日本人が数人いるので、ほぼ全て彼らに任せた旅でした。 大勢集まりましたが、みんな住んでる場所もバラバラだし動きもバラバラなので、それぞれが都合のいい時間に現地に集まり、都合のいい時間に解散するスタイル! 自由で最高! 初日はみんなでご飯を食べる予定しか無かったので、 時間の都合のあった2人とマナグアをバスで出発し、マタガルパのまちをうろうろ。 どんどん人が集まり、みんなでご飯! 宿はホステル1つをほぼ貸切ってみんなで2泊! ニカラグア北部の寒い地域での水シャワーは、マナグアで浴びる何倍もの破壊力でした。 2日目は、 チョコレート工場(El Castillo) からの 山奥の織物おばちゃん、アクセサリーショップ巡り。 おしゃれトイレ チョコレート工場からは、バスを貸し切っての移動でした。 道中でかわいいおばあちゃんを発見。 3日目は、 それぞれが…

続きを読む

サンフアンデルスル!痛すぎる初サーフィンの思い出

あんまり知られていませんが、ニカラグアはサーフィンが有名な国! 世界中からサーファーが集まるスポットがたくさんあるんです! ニカラグアに2年以上も住んでいるのに、1度もサーフィンをしたことがない罪深い僕は、今回ついに初サーフィンの時を迎えました。 場所は、数あるスポットの中でも一番有名なサンフアンデルスル!! 観光客とサーファーにあふれたニカラグアが誇るリゾート地で、 ここでサーフィンをするためだけに海外からニカラグアに来る人もいます。 この町には、難易度の違ったビーチがいくつかあるのですが、 今回は人生初ということで、難易度の比較的低い「エルモサビーチ」というところに行ってきました。 ビーチは町から車で30分弱。 移動は、町中にあるサーフショップが出しているシャトルで向かいます。 自分の車でも行けますが、ボードのレンタルなども一括でお願いできるし、ビーチまでの道が異常に悪いのでシャトルで行くのが無難です。 こんなトラックで他のサーフ客と一緒に向かいます。 山を越えた先にあるビーチだったので道が険しく、ボコボコの道を進み川を超えて行くアドベンチャーです! 30分ほど荷台で揺れて、ようやく到着! よぉぉおし!! ついにきたぞこの時が!…

続きを読む

弾丸レオン旅行 火山をソリでガァーって

レオン2日目は火山ソリ滑り!! ボルケーノ・ボーディングツアー!! 1日目に予約していたツアーで”Cerro Negro"という火山に行き、ソリ滑りをしてきました。 ホテルで質素な朝食を済ませ、朝8時集合でツアー会社のオフィスに。 質素な朝ごはん。 これが朝食付き1泊2人で15ドルクオリティ。 ツアー客は全部で20人。 ツアー客の割合は、 オーストラリア人 オランダ人 スペイン人 日本人 の順。 オーストラリアの団体がいたので半分以上はオーストラリア人でした。 火山までは10人ずつの2グループに分かれて、5対5の向かい合わせで座る窮屈なマイクロバスで移動。 車内は密着しすぎていて、みんなで話さないとやっていけない環境。スペイン語を話せる人が少なかったので、会話はほぼ英語でした。久しぶりに聞く英語。混乱。 1時間弱窮屈なバスで一緒に揺られていたので、火山に着くころにはだいぶ仲良くなっていました。 火山に着くとまず、入り口の小屋で入山の署名。 ツアーじゃなければここで入山料を支払います。 この小屋は小便器がかわいかった。 小屋からまたマイクロバスで10分程度進み、山のギリギリのところまで行ってようやく徒歩での登山開始! それぞれボードを配られ、登山の説明を聞きます。 …

続きを読む

弾丸レオン旅行 謎の和食レストラン

土曜は、16時からヨーロッパ映画祭でスペイン映画の“140millones” を見て、そのままレオンへ! 映画祭では結局、スェーデンのやらドイツのやら合計5つの映画を見ました。 ちなみに、期間中で一番印象に残ったことは、映画を見終わったあと映画館の前でエレベーターを待っていたら、10歳前後の子がナイフを片手に映画館に入ろうとしていて、その子を2人の警備員が押さえつけ、そのまま僕が乗るはずだったエレベーターに引きずり込んでいったこと。 もちろんそのエレベーターに同乗することはできず、もう1回分待ちました。 あのエレベーター1回行っちゃうとなかなか次来ないのに。。。 レオンに行くのは金曜の夜にふんわり決めて、土曜に実行という弾丸ツアー。 目的はただ1つ、 セロネグロ火山でソリ滑りをすること!! 火山のソリ滑りはニカラグア観光資源の一つで、ずっとやりたかったこと。 これでやっとできる! 日曜に実現出来るように土曜の夜からレオンいり。 レオンには夜に着き、そっから宿探し! 宿探しに苦労する予定だったので、気合いを入れて探し始めましたが、1軒目がなかなかいい感じで、即決。 泊まったのは“グアルダバランコ”というニカラグア国鳥の名前をそのまま付けたホステルで、1部屋2人で15ドル、朝ごはんも付いていてトイレとシャワーも部屋の中にある、なかなかコスパのいいホステル。 チェックインを…

続きを読む

第2の都市レオンはさらっと行けるとこじゃない

日曜日は、レオンに住む友達に呼ばれ、急遽日帰り旅行をすることに。 レオンは、首都マナグアから北西に約100キロの位置にあるニカラグア第2の都市。 マナグアを11時30分に車で出発し、到着したのは13時。 もっと時間がかかる事が多いが、今回は道がすいていたので割と早く着いた。 マナグアからレオンまでは、Carretera Vieja と、ここ1,2年で新しくできたCarretera Nuevaの2つの道があり、距離にほぼ変わりはないが、Carretera Vieja の方が若干早い。でもCarretera Viejaは、馬、牛、犬などの動物の飛び出しが頻発したり、途中に街が少なく街灯もないところがあるので、夜になると真っ暗なのがマイナスポイントもある。 マナグアから友達と歌って騒いでのパーティ状態のいつもの車中に比べると、1人で歌って騒いで向かう今回は、賑やかさに欠けた。 14時が集合予定だったので、お昼ごはんを食べたらちょうどいい。 お昼ごはんは何度か行っているケバブのお店。 学生のころによく食べていたケバブは好物の1つだが、マナグアでは見たことがない(本気で探したわけではない)ので、レオンに来ると食べる恒例になりつつある。 これで109コルドバ(400円くらい)。 ちょっと胡散臭く見えるかもしれないが、店主はパレスチナ人なので本格的なはず。 ただ、店主は調理場にいるわけではなく、ニカラグア人従業員に会計を任せるのが怖いのか、…

続きを読む

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村