サンフアンデルスル!痛すぎる初サーフィンの思い出

あんまり知られていませんが、ニカラグアはサーフィンが有名な国! 世界中からサーファーが集まるスポットがたくさんあるんです! ニカラグアに2年以上も住んでいるのに、1度もサーフィンをしたことがない罪深い僕は、今回ついに初サーフィンの時を迎えました。 場所は、数あるスポットの中でも一番有名なサンフアンデルスル!! 観光客とサーファーにあふれたニカラグアが誇るリゾート地で、 ここでサーフィンをするためだけに海外からニカラグアに来る人もいます。 この町には、難易度の違ったビーチがいくつかあるのですが、 今回は人生初ということで、難易度の比較的低い「エルモサビーチ」というところに行ってきました。 ビーチは町から車で30分弱。 移動は、町中にあるサーフショップが出しているシャトルで向かいます。 自分の車でも行けますが、ボードのレンタルなども一括でお願いできるし、ビーチまでの道が異常に悪いのでシャトルで行くのが無難です。 こんなトラックで他のサーフ客と一緒に向かいます。 山を越えた先にあるビーチだったので道が険しく、ボコボコの道を進み川を超えて行くアドベンチャーです! 30分ほど荷台で揺れて、ようやく到着! よぉぉおし!! ついにきたぞこの時が!…

続きを読む

”Festival Cervecero”盗人だらけのお祭り

毎年開催するビールの祭典”Festival Cervecero Toña 2017”に参戦! 近年毎年マナグアで行われているお祭りで、ニカラグアビールを始めとする多種のビールが、仮設されたそれぞれのブースで安く飲めます。 会場内には大きなステージもあって、そこではニカラグアのバンドが演奏したりニカラグアの民族舞踊を踊ったり、基本的にはニカラグア感満載なことをしていますが、中南米の有名な歌手が来て歌ったりすることも。 ステージではずっと音楽が流れているので、ステージ付近は大勢の人がリズムに合わせて踊っていてクラブ状態です。 このイベントを確実に定期的なものにしようとしているのか、観光の一種にしようとしているのか、MCは「Festival Cerveceroはすでにニカラグアの文化の一つだ!!」的なことを言い続けます。 今年のお祭りの会場はUNANという大学のサッカー場。 このサッカー場は、国内の既存のサッカー場では一番まともで、国際試合でも使われます。 そんなこのサッカー場に、お祭り当日の約2週間前から作業が始まり、大掛かりなステージやブースが建てられました。 去年は"Galeria Santo Domingo"というショッピングモール脇の空き地に仮設で作られたのですが、 空き地だったために周り全体にフェンスを建て、また警備のため、そのフェンスの周り全体に警官を配備していて、…

続きを読む

南米旅行のための黄熱病予防inニカラグア

去年、ニカラグアで2度目の年越しをし、 今年こそは絶対ニカラグア以外で年越しをするぞ! と決めていたので、割と早めに休暇申請をし、今年の年末は南米に行くことに。 ニカラグア以外で年越しをしたかったというのも、 1年目はニカラグアで年越しをし、 2年目は他国で過ごすぞ! と心に決めていたので、ドミニカに住む友達のところへ行こうとしていましたが、 むしろその友達がニカラグアに来ることになり、結局年末年始を一緒にニカラグアで過ごすことに。 まぁそれはそれで楽しかったので全然いいのですが、 3年目で任期最後の年越しこそは、絶対他の国で過ごすぞ! って感じです。 で、南米に行くにあたっては、 黄熱病予防注射を打ったよ!っていう証拠のイエローカードを持っている必要があります。 これは、今年ニカラグア政府が、 「WHOが指定している黄熱病流行国からの渡航者はイエローカードを所持してないと入国させません!」 といった声明を出したからで、南米にはその指定国が多いんです。 ちなみに指定国は中南米だと、 アルゼンチン,ボリビア,ブラジル,コロンビア,エクアドル,仏領ギアナ,パナマ,パラグアイ,ペルー,ベネズエラがあります。 つまり、イエローカードを持っていなくても南米諸国には行けるけど、ニカラグアに戻ってこれないんです…

続きを読む

学長がソロで歌いだす学祭

運よく招待券をもらい、マナグアの歴史ある大学 ”Universidad Politecnica(UPOLI)” の創立50周年記念祭に行ってきました! この行事は大学の学内ではなく、国立文化劇場で行われました。 わざわざこの記念祭用にバンドを組んだり、ダンスグループを作ったりしたらしいので結構気合入ってます。 記念祭の内容は歌を歌ったり、ダンスを踊ったり、劇をしたりでしたが、 なにか1つ発表が終わるたびに、学校関係者が大学の歴史などについて語る動画が流される。。。 そしてそれが長い! 同じことを別の人が何度も言い続ける! 劇も全部大学の歴史について語るような内容でしたし、 どうにかして何もかもを大学につなげようとしているように感じました。 歴史のある大学なので普通なのかもしれませんが、 先月行ったUNICAの25周年記念祭の時は、ファッションショーやったり、DJ来てクラブ状態になったり、好きなことを自由にやる感じだったので、あまりの違いに驚きです。 それでもダンスとかは見ていて楽しかった! どのダンスも完ぺきじゃないので、帽子を落としたり、服のひもが外れて垂れてたり、明らかにリズムに遅れてる子がいたり、ツッコミどころ満載!見ていて本当に笑顔になります。 途中でおばあちゃん学長がソロで歌いだす…

続きを読む

女子野球チームの練習に潜入

マナグアのある女子野球チームの練習に潜入してきました。 でもちゃんと誘われての参加なので、許可なしで無理矢理練習に入っていったわけでも、犯罪を犯したわけでもないですよ。 最初は練習を見学しながら写真を撮るつもりでしたが、結局ちょっと練習にも混ぜてもらいました。 彼女たちは最近結成したばかりのチーム。 年齢も10代前半~30代とバラバラで、ほとんどが未経験者! 監督は青年海外協力隊員の日本人です。 彼のニカラグアで女子野球を広めたい!という熱い気持ちで結成したチームで、今は今週末に行われる、彼女たちにとって初めての試合に向けて練習しています。 野球はゼロからの指導だし、教えているのは野球のルールや技術だけじゃなく、話の聞き方などの練習態度やチームのあり方など基礎的なことから教えています。 話ではいろいろと苦労話など聞いていましたが、今回実際に生で見て、あまりの大変さに少し衝撃を受けました。 僕も、仕事でもプライベートでもニカラグア人の性格に苦労したことはごまんとありますが、 野球の練習において彼らの性格から予想できる行動を、まさにそのまましていたんだなという感じでした。 していたんだなと過去形なのは、監督の指導で彼女たちの態度が最初と比べて大きく変わったのが明らかだったからです。 今回の練習でもまだ、 集合をかけてもすぐに集まらなかったり、 集まっても円のはずれ…

続きを読む

ハロウィンinニカラグア!仮装レベルが低すぎる

ニカラグアは”Agüizote”もありますが、ハロウィンも一応あります!! ニカラグアはカトリックが多くを占める国なので、あまりハロウィンは浸透していませんが、 近年になって、ようやくハロウィンのイベントが行われるようになったそうです。 今年も10月に入ったくらいから、フェイスブックでハロウィンイベントページがどんどん出来上がり、新聞でも各会場のイベント広告が出ていました。 会場は、文化センターのようなところもありましたが、 ほとんどがクラブで、夜8時くらいから朝まで「みんな仮装しておどろうぜー」というもの。 僕も友達に誘われ、2ヵ所のクラブに行くことに。 日本にいたときは毎年必ず1回以上は仮装し、いろんなイベントに参加していたのですが、 今年は行くことが急に決まり準備ができなかったので、仮装なしでニカラグアの仮装事情を見る目的で行くことにしました。 ニカの友達たちも「みんな仮装すごいんだよ」と言っていたし、 新聞でも仮装や、ホラーメイクが今年はくる!といったような記事がいくつかでていたので、期待は結構していました。 こんなの。記事。 期待を胸にクラブが集まるエリアに行くと、 各クラブでハロウィンイベントが行われているからか、人の数と熱気がすごい!! 友達は既に中に入って待っていたので、中に1人で入ると、店の中の装飾はいつもと違…

続きを読む

”アグイソテ”ハロウィンの代わり?

世界中でハロウィンパーティが行われているこの時期は、 ニカラグアではハロウィンとは別に”Agüizote”という伝統的行事があります。 ”Agüizote”はマサヤ県の伝統的なお祭り。 最近では、マサヤ以外の町でも関連したイベントが行われるようになったそうです。 ”Agüizote”とは先住民語で、 ”agüi”が「水」 ”zote”が「妖怪」 という意味で、湖や川などに現れる妖怪を意味し、その妖怪たちは人々を驚かせるのが大好き。 人々の驚きの表情と悲鳴が彼らの笑いのタネだそう。 僕は実際にマサヤでの行事に参加したことはないですが、 ”Agüizote”は基本的に10月の20日と10月最終週の金曜日に祝うそうです。 今年はがっつり土曜日にやっていたので、人が集まりそうな日を選んで毎年変わるのかもしれません。 イベント当日は、町中の人が妖怪の怖い仮装をして町中を歩き回ります。 仮装という面からもハロウィンと関係がありそうですが、全く関係ないそうです。 その土曜日の日に、たまたま別のイベントでマナグアにある国立文化宮殿にいたのですが、そこでも”Agüizote”をやっていました。 まず、子供たちが普通に人形劇のようなものを楽しんでいて、 その劇が終わったあとに、裏でスタンバイしていた”Agüizote”達がゆっくり近づい…

続きを読む

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村