国際文化友好祭inニカラグア

10月27日(金)は国際文化友好祭”FICA”でした!! ”FICA”は、毎年10月最終週の金曜日に中米大学で行われる文化イベントで、 世界各国がブースを出し、文化紹介や各国の食べ物やグッズの販売、奨学金の説明などをします。 中米大学の学生以外にも、大学就学前の学生たちや家族連れなど一般の人も多く来場し、合計で約2000人の来場者があるニカラグア最大規模の文化イベントです! 個人的には今回が3回目であり、最後の参加。 朝から夕方までずっと立ちっぱなしで文化紹介をするので、体力の消耗が激しい行事ですが、各国の人達や海外に興味のある大勢のニカラグア人たちに出会える、大好きな行事の一つ。 今年日本ブースでは、 書道 折り紙 浴衣 食文化紹介 箸体験 日本Tシャツ販売 オムライス販売 ニカラグアのチョコレート工場で働いてる青年海外協力隊員によるチョコレート販売 日本への奨学金留学制度説明 をしました。 本当は他にも伝統玩具紹介・体験もする予定でしたが、 テントの外でやる予定で、雨が影響し、結局できず。 僕は日本食文化紹介と箸を担当。 アジア料理が浸透していないので、みんな本当にうまい具合に箸が使えない! 僕が箸で物をつかむだけで歓声がおこるほど。 …

続きを読む

サンタさんモールが出現

家の近くにショッピングモール?が完成!! 約1年間ずっと建設をしていて、いったい何ができるのかずっと気になっていたのですが、 焦らしに焦らされ今月ようやく完成したのがこの”UNIVERSAL”!! イメージキャラクターはサンタさんで、 オープン直前からマナグアのいたるところに広告が貼られ、町がサンタさんであふれています。 オープン前から有名洋服ブランドがいくつか入るだとか、 大きなフードコートが入るだとか、 オフィスビルみたいになるだけでお店は入らないだとか、 いろいろな噂が回っていましたが、結局入ったのは、 カフェ、”Las Flores” ステーキレストラン、”El Churrasco” マルチショップの”UNIVERSAL”の3つ。 これからまだお店はできるらしいですが、 今のところ洋服ブランド店もフードコートも入らなかったし、オフィスビルでもないです。 ステーキ屋さんの”El Churrasco”は、僕の知っている限り、1年半前くらいまでマナグアで3、4店舗ありました。 それが一気に無くなり、1店舗しか残っていなかったので全滅も時間の問題かと思っていましたが、今回またオープンしたのでホッとしました。 まだまだ問題なさそうです。 僕がニカラグアに来たばっかりの時に初めてニカ…

続きを読む

「テルマエ・ロマエ」とニカ人

国際映画祭に行ってきました! 国際映画祭といっても、賞があったり審査員がいたりするわけではなく、ただ各国の映画をニカラグアの大学の小さな視聴覚室で上映し、興味のある人たちが見るというもの。 この映画祭は、毎年10月の最終週の金曜日にマナグアの中米大学で行われる国際文化祭(FICA)の前イベントとして、月曜日~木曜日に中米大学内の視聴覚室で行われます。 収容人数は70人くらい。 しかも学外から見に来る人はほとんどおらず、基本的には授業の空きコマのある生徒のみなのでいっぱいになることはほぼないそう。 今年日本は「テルマエ・ロマエ」を上映。 13時開始だったのですが、13時の時点で観客はゼロ。 13時15分くらいにようやく入りだし、結局上映開始は13時20分。 上映開始時点で観客は20人弱でしたが、上映中にも人が入り、最終的には40人ほどに。 去年は「言の葉の庭」で60人入ったのでそれに比べると少ないですが、まぁまぁ頑張ったほう。 お風呂や銭湯がなく、お湯につかる習慣のないニカラグアの人たちは テルマエ・ロマエを見てちゃんと理解してくれるのかとか、 習慣をわかったうえでの小ネタとかに気付いてくれるのかとか、 いろいろ反応が気になり様子…

続きを読む

ニカラグアとは思えない新球場が完成!

マナグアでずっと建築していた新球場”Estadio Nacional Dennis Martínez"がついに完成! 完成記念で行われた、ニカラグア代表対台湾代表の試合を見に行ってきました! 10月19日(木)に完成式が行われ、ニカラグア出身の元メジャーリーグ投手で、中南米出身選手最多の245勝、完全試合の経験もあり、スタジアムの名前にもなっているデニス・マルティネスが始球式!大統領も副大統領も参加する盛大な式典でした! この球場は台湾資本で作られたこともあり、 完成式翌日の20日(金)~22日(日)の3日間、ニカラグア代表対台湾代表の交流試合が行われました。 交流試合1日目のチケットは、元々完成式がその日に行われる予定だったので、一瞬で売り切れて買うことが出来ず、2日目に見に行くことに。 球場は近未来的で、ニカラグアの他の建物とは見るからにレベルが違う! 外見も内見もブルペンの配置とか、試合中のアナウンスとか試合の進め方とか、何もかもがメジャーリーグを彷彿させます。(僕はメジャーの球場に行ったことがないので全くわかりませんが、行ったことのある人たちみんなが言ってたからきっとそうです) 席は3塁側(台湾側)の手前ということもあり、完全に台湾人に間違われ、いろんなニカラグア人から「俺らが勝つからな!」などと言われ、 この…

続きを読む

男4人旅最終日 田舎道に突如現れる高級肉屋

カーニバルを堪能した次の日は旅最終日。と言っても2日目ですが。 朝起きて朝ごはんを求めて散策していると、炭火焼しているところを発見! 今にも倒れてきそうな建物ですが、焼いてるお肉はめちゃめちゃおいしそう。 おじいちゃんとおばさん?と小さな男の子の3人で一生懸命朝ごはんを用意してくれました。 3世代にしてはおばさんと男の子の歳が離れすぎてるように見えましたが、3世代なのかもしれません。 朝ごはんを作っている途中で、男の子が料理に使う卵と水を隣の売店に買いに行ったり、 おばさんがジュース用の氷を買いに数百メートル離れたお店まで行ったり、 戻ってきて結局「氷売ってなかった」と言って氷なしでぬるいジュース出してきたり、 地元の雰囲気丸出しで最高でした。 朝食を終えた後は、サン・カルロスの町から20分程度の場所にある、日本のODAで建てられた橋梁”サンタ・フェ橋”を見に! 東南に伸びた1本道を進んでいくと、いきなり大きな看板が出てきます! 大きく”JAPON(日本)”の文字が!! こんな地球の反対側で日本の文字が大きく掲げられているとうれしくなりますね。 この橋を渡りさらに2、3キロほど進むとコスタリカ国境につきました! …

続きを読む

これはこれでリオのカーニバル

サン・カルロス男旅のつづき。カーニバルです。 ニカラグア国内でもいくつかカーニバルはありますが、水のカーニバルはこのリオ・サン・フアンのカーニバルだけ! 水上のカーニバルなんて今まで見たことも聞いたこともなかったので、見ていてすごく新鮮でした。 世界的に見ても珍しいそうで、海外からの観光客もたくさんいるのかなぁと思っていましたが、観光客はほぼほぼニカラグア人。 今年は来客数的にはすごく多かったみたいですが、まだ外国人が集まるほどではないようです。 それでもカーニバルの運営は観光庁がしていたみたいですし、全体の雰囲気的にももっと大きな観光資源にしたい感は出ていました。 ニカラグアのリオ(リオ・サン・フアン)のカーニバルも ブラジルのリオ(リオ・デ・ジャネイロ)くらいの知名度になればいいのに。 サン・カルロスじゃ受け入れ可能な観光客数が、本物の1000分の1以下くらいな気がしますが。 去年のカーニバルの優勝?は青鬼の装飾だったらしいですが、今年はこの海賊の装飾でした! たしかに他のに比べたらインパクトはありましたが、もっとすごいのを期待してた。 求めすぎか? 港にはすごい数の出店! 売っているものはどこも似たようなものばかりでしたが、なかにはファラオが店員をしているお店も! …

続きを読む

男4人旅 コスタリカ国境の町サン・カルロスへ

ニカラグアの南部リオ・サン・フアン県にある、ほぼコスタリカな町”サン・カルロス”に男4人で行ってきました! サン・カルロスはニカラグア湖とサン・フアン川の河口に位置する港町。 マナグアからの道のりは結構長かったですが、町の雰囲気は最高で、頑張って行った価値がありました! 首都のマナグアから車で大体5時間くらいで着くと聞いていたので、 休憩も含めて「お昼の12時までにサン・カルロス到着!」を目標に、マナグアを朝6時に出発。 10年~20年前のJ-POPをガンガン流し、九十九里浜ドライブ気分で順調に進んでいきました。 9時くらいに、ちょうど中間にあるチョンタレス県のフイガルパ市に到着し、休憩。 フイガルパでは、”グイリラ(Güirila)”という料理を食べました。 ”グイリラ”はヤングコーンを使った(つぶして練って広げて焼いた)甘みのあるトルティージャのような料理で、”クアハーダ(Cuajada)”というチーズと、少ししょっぱいクリームと一緒に食べます。 ”グイリラ”は北部のマタガルパ県セバコ市発祥で、「グイリラと言えばセバコ!」といった感じなのですが、フイガルパもおいしいと聞いたので、試してみました。(とはいってもまだセバコのグイリラは食べたことがない。) フイガルパの中でどこの”グイリラ”がおいしいかを道行く人たちに聞いていると、2つの店の名前があがり、誰に聞いてもその2つの店のどちらかを教えてくれたので、そのうち近い方の…

続きを読む

大学のパーティ?於ニカラグア

大学生のある友達に、「明日の夜うちの大学でパーティあるから来なよ!」 と軽いノリで誘われ、大学でパーティっていったいなんなんだ!見てみなきゃ!と思い、日本人の友達たち数人を誘い、参戦してきました。 よく考えてみたら、これまでも何度か他の大学に通う友達たちに「大学のパーティ」に誘われた記憶がありましたが、なにかしらの理由で参加できず、実際に参加するのは初めてなのでどんなことをするのかは全くわかりませんでした。 今回行ったその「パーティ」とやらは、マナグアにあるカトリック大学で平日ど真ん中水曜日の19時から開催されました。 19時ピッタリくらいに大学に着くと、 キャンパスの真ん中あたりから空に向かって光が伸びている! 光の色も空への伸び方も、まるでうちの地元のパチンコ屋さんのようでした。 光のふもとに向かって歩くと、小さな体育館のような講堂にたどり着き、 中に入ると、真っ暗な中に立派な仮設ステージと観客席が設置されていました。 人はもう既にわりと入っていて、ニカラグアでは珍しく時間通りに司会が進行を始めていました。 まずダンス団体が数グループでてきて発表し、 そのあとはファッションショー。 ニカラグアの洋服ブランドとコラボしているようで、各ブランドの服を学生から選ばれたモデルさんたちが着てステージを歩くというショーでした。 日本の大学の学祭でもよくあるように、誰かが出てくる…

続きを読む

弾丸レオン旅行 火山をソリでガァーって

レオン2日目は火山ソリ滑り!! ボルケーノ・ボーディングツアー!! 1日目に予約していたツアーで”Cerro Negro"という火山に行き、ソリ滑りをしてきました。 ホテルで質素な朝食を済ませ、朝8時集合でツアー会社のオフィスに。 質素な朝ごはん。 これが朝食付き1泊2人で15ドルクオリティ。 ツアー客は全部で20人。 ツアー客の割合は、 オーストラリア人 オランダ人 スペイン人 日本人 の順。 オーストラリアの団体がいたので半分以上はオーストラリア人でした。 火山までは10人ずつの2グループに分かれて、5対5の向かい合わせで座る窮屈なマイクロバスで移動。 車内は密着しすぎていて、みんなで話さないとやっていけない環境。スペイン語を話せる人が少なかったので、会話はほぼ英語でした。久しぶりに聞く英語。混乱。 1時間弱窮屈なバスで一緒に揺られていたので、火山に着くころにはだいぶ仲良くなっていました。 火山に着くとまず、入り口の小屋で入山の署名。 ツアーじゃなければここで入山料を支払います。 この小屋は小便器がかわいかった。 小屋からまたマイクロバスで10分程度進み、山のギリギリのところまで行ってようやく徒歩での登山開始! それぞれボードを配られ、登山の説明を聞きます。 …

続きを読む

弾丸レオン旅行 謎の和食レストラン

土曜は、16時からヨーロッパ映画祭でスペイン映画の“140millones” を見て、そのままレオンへ! 映画祭では結局、スェーデンのやらドイツのやら合計5つの映画を見ました。 ちなみに、期間中で一番印象に残ったことは、映画を見終わったあと映画館の前でエレベーターを待っていたら、10歳前後の子がナイフを片手に映画館に入ろうとしていて、その子を2人の警備員が押さえつけ、そのまま僕が乗るはずだったエレベーターに引きずり込んでいったこと。 もちろんそのエレベーターに同乗することはできず、もう1回分待ちました。 あのエレベーター1回行っちゃうとなかなか次来ないのに。。。 レオンに行くのは金曜の夜にふんわり決めて、土曜に実行という弾丸ツアー。 目的はただ1つ、 セロネグロ火山でソリ滑りをすること!! 火山のソリ滑りはニカラグア観光資源の一つで、ずっとやりたかったこと。 これでやっとできる! 日曜に実現出来るように土曜の夜からレオンいり。 レオンには夜に着き、そっから宿探し! 宿探しに苦労する予定だったので、気合いを入れて探し始めましたが、1軒目がなかなかいい感じで、即決。 泊まったのは“グアルダバランコ”というニカラグア国鳥の名前をそのまま付けたホステルで、1部屋2人で15ドル、朝ごはんも付いていてトイレとシャワーも部屋の中にある、なかなかコスパのいいホステル。 チェックインを…

続きを読む

マナグアのタピオカ屋さん

タピオカまぁまぁ好きで、日本ではたまに飲んでて、 でも飲んでいなきゃつらいとか、苦しいっていうわけではなかったはずで、 でもニカラグアに来て、タピオカなくて、ずっとなくて、ずっとずっとなくて、 ないと思うと欲しくなって、休暇で日本とかアメリカとか行ったときは絶対飲んでたんです。 でも最近、ついに見つけたんです!! マナグアで!! タピオカ屋さん!!! しかもわりとよく通る道! 2015年からあるらしいし!! 確かに小さくてわかりづらいですが、なんかちょっと悔しかった。。。 実はもう一つ、マナグア湖湖畔の”サルバドール・アジェンデ港”にタピオカを売っている売店があるのを最近知ったのですが、タピオカの専門店として店を構えているのはここだけ!なはず! 店内はこじんまりとしていて、テーブル2つとカウンター席みたいなのが1つあるだけ。 固定客が持ち帰りで買っていくことが多く、イートインはあまりいないらしい。 メニューは結構多く、ドリンクは組み合わせ次第で350種類以上できるらしいです。 まぁ結局お気に入りの組み合わせしか頼まなくなりますが。 まだ3回しか行ってないですが、店員さんたちとは名前で呼び合う仲になり、暇だから話し相手になってほしいくらいの勢いなので、席数関係なしにしっかり数時間居座って勉強したりして…

続きを読む

赤飯のヨーグルトがけ?

ニカラグアに来てからの数ある「うそだろ!」のなかで、わりと上位の「うそだろ!」に入るのが、”Gallopinto con Leche Agria(ガジョピント・コン・レチェアグリア)”という料理。 ガジョピントとはお米と黒豆を混ぜ合わせたモチモチしてない赤飯のようなもので、レチェアグリアは水分多めのプレーンヨーグルトみたいなもの。 この2つの料理の組み合わせで、 赤飯のようなガジョピントに、ヨーグルトのようなレチェアグリアをかけて食べるのが”Gallopinto con Leche Agria”。 ガジョピントはニカラグアの代表的な食べ物で、現地の人たちは毎日くらいの勢いで食べる。 僕も毎日食べたいくらい大好きで、ガジョピントを求めて食堂をはしごしたことがあるほど。 レチェアグリアも何度か食べたことがあるが、食べる時はいつも日本のヨーグルトを食べる時のように、フルーツやジャムと食べていた。 この前も職場でもらったレチェアグリアをフルーツと一緒に食べていると、職場の同僚から「レチェアグリアはガジョピントかトルティージャと食べるもんだ」と、僕が知らないことに驚いた様子で言われた。 いや、まて、 これをガジョピントにかける? ありえないだろ。 最初は全く信じられなかった。 まず、個人的にご飯に乳製品をかけることは禁止していた。 しかし他の人に確認しても、当たり前かのように”Gallopinto con Leche …

続きを読む

雨強すぎて天井落ちてきた

9月28日(木曜)のことです。 お昼休憩で、いつも通り同僚達と近くの食堂まで歩いてご飯を食べに行き、おいしいおいしいニカラグア飯を食べていました。 すると、ちょうど食べ終わる頃に強い雨が降り始めました。 傘を持って行っていなかったので止むまで待つことに。 この国の雨は、短時間強いのが降ってすぐ止むゲリラ型なのが特徴。 こんなのはもう慣れっこだし、どうせ数分で止むだろうと食後のコーヒーを楽しんでいました。 ところが、なん分経ってもやむ気配が全くない。 止まないどころか勢いがどんどん増し、とても仕事場になんて戻れない状況に。 やむをえずさらに待っていると、 雨が溜まり、重さに耐えられなくなった店の天井が落ちてきた! あぶなっ!! 運良く、落ちた天井の下には誰も居なかったですが、もしそこで誰かがご飯を食べていたら、おいしいおいしいニカラグア飯が大変なことになっていた。 天井が落ちたことで周りのお客さんたちは一斉に逃げ、もっと安全そうな天井の下にそれぞれのご飯プレートを持って移動。 必死に自分のご飯を守る姿がなぜか愛らしく見えました。 それから少しして、雨がほんの少しだけ弱ったのを見計らい、ダッシュで仕事場に戻ることを決断! そして、みんなでダッシュ!! が、しかし、 帰り道が川になってるじゃないか…

続きを読む

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村