ヨーロッパ映画祭inニカラグア

ヨーロッパ映画祭!! 毎年開催されているヨーロッパ映画祭が今年も始まりました! 今回が14回目で、全世界130の国と地域で開催されているそうです。 ニカラグアでは、マナグアにあるガレリア・サント・ドミンゴショッピングモール内の映画館で、2週間にわたって開催されます。 9月28日~10月11日の日程で開催され、上映されるのは全部で14種類! 映画によってバラバラですが、期間中に1つの映画が大体3、4回上映され、ジャンルも多種多様で、コメディもあればドラマも子供向けの映画もあります。 無料ではないですが、普段映画を見るのは約6ドルかかるところ、映画祭では半額の3ドル!痛くない! 日本と比べたら普段もだいぶ安いですが。 ただ、平日上映のみの映画もあるので、見たくても見られないことも。 今回もそうで、見たいなぁって思っていたものが平日16時~の上映だけ!悔しい。 今回上映されるのはこの14映画! ・Tulisie Przygoda W Stonecznej Krainie(2014年:スペイン) ・Isdraken(2012年:スウェーデン) ・RICO, OSKAR Und Die Tieferschatten(2014年:ドイツ) ・Ma Vie de Courgette(2016年:スイス/フランス) ・Adama(2014年:フランス) ・Pazze di Me(…

続きを読む

マナグアに出現した謎のサーキット

約3か月前、ここマナグアに突如現れたサーキット。 これまで常設のテーマパークと呼べるような施設はほぼなく(てか、ない!)、週末遊べる場所と言ったら湖か海か山などの自然がメインだったこのニカラグアに、ついに人工的な常設の遊び場が作られた。 サーキットがあるのは、マナグア湖の湖畔“サルバドール・アジェンデ港”の敷地内。 画面でしか見たことのない未知の施設の登場にマナグアは盛り上がり、サーキットの完成式には大統領の息子も参加するほどの注目度! ちなみに、彼が完成式の日にカートに乗ってサーキットで楽しんでいる写真は新聞一面で報道された。 そんな大注目のゴーカートだが、にぎわったのは完成からたったの2、3週間のみ。 というのも、値段が1回10分11米ドルと高いためで、平均月収が200米ドル強のニカラグア人たちにとってはだいぶ贅沢な遊びなのだ。 僕は、漠然とした恐怖感もあり、「行きたい!」とは思わずなにごともなかったかのように過ごしていたが、 完成から3か月がたった今、流れから知り合いと挑戦しにいくことに。 ニカラグアの祝日に行ったのだが、それにも関わらず人は少なめで、待ち時間もほぼなしで遊ぶことが出来た。 もう熱は完全に冷めたようだ。 行ってまずするのは登録。 登録は店に2台あるパソコンで各自行う。 名前や生年月日などの必要事項を記入して、ゲーセンのマリオカートにあるような自分の…

続きを読む

日本アニメイベントin地球の裏側

今週末、アニメのイベントが首都マナグアで開催するという情報をゲットし、日本人の友達とみにいってきました! 2年前ニカラグアに来て初めてアニメイベントの存在を知ったときは、 うそだろ え、ここで? ニカラグアでアニメはないっしょ と思いましたが、 実際に行ってみていろいろ話を聞き、アニメはネット配信だけじゃなくテレビ放送しているものも数多くあること、アニメ好きが集まるグループがいくつかあり、彼らが主催する今回のようなイベントは意外にも頻繁に開催されていることなどを知りました。 アニメは先進国とか日本人からしたらメジャーな国だけじゃなくて、世界中どこにでも知れ渡っているんですね。びっくり。 イベントの数は最近どんどん増えてきていて、今は知っているだけでも年に4、5回は首都マナグアで開かれています。 僕自身アニメに詳しいわけでもゲームをするわけでもありませんが、日本から遠く離れた地でのアニメイベントにはどんなものかと興味があり、何度か参加をしました。 そして参加をするたびに、「日本のアニメは本当にすごいんだな。こんなにたくさんの人を魅了しているのか。」と感心して、日本人であることが誇らしくなります。 地球の裏側にあって日本人のほとんどが知らないこのニカラグアでも、日本のアニメに熱狂的なファンが大勢いて、グッズが揃うわけでもないのに一生懸命手作りのコスプレをして、日本語のアニメソングを歌ったりしているんで…

続きを読む

国内リーグ1部チームのゴールキーパーが窃盗集団の運転役?

新聞とかニュースとかを見ていて最近1番気になったのがこの記事。 こういうニュースに一番興味があるなんてどうかしてるのかな。 概要としては、首都マナグアの各地で今年、空き巣や車上荒らしを繰り返していた13人で構成された犯罪集団“Los Chapeadores”のうち8人が窃盗罪、(内2人は殺人未遂、銃器の不法所持も含む)で捕まり、そのグループの中に、元ニカラグア代表で、今はサッカー国内リーグ1部のJuventos FCのゴールキーパー、エメルソン・サリーナスが含まれていたというもの。 一味の中で彼は、移動や強盗に使用する車のレンタルや運転、家や車のドアのこじ開け役を担っていたそう。 簡単に言うと ゴールキーパーが泥棒だった らしい。 ゴール守っとけよ。 個人的にサッカーは好きで、ニカラグアの国内リーグも時間があればたまに見るのだが、選手の中に犯罪グループの一員がいたなんて。チームメイトはいったいどう思っているんだろう。 しかも彼は、選手歴10年の30歳のベテランゴールキーパー。 チームの1番手キーパーで、今シーズンは6試合に先発出場。最近では9月2日のシーズン第8節、対Club Deportivo Ocotal戦にも出ている。 完全にシーズン中に犯行してる。 しかもしかも、2007年はニカラグアの代表選手に選ばれて、コパ・セントロ・アメリカーナ(UN…

続きを読む

マリア・カラスを知りに行って

ソプラノ歌手ってなんだーい!! テノール歌手ってなんだーい!! マリア・カラスって誰だーい!!! くらいの皆無な知識だったのですが、 たまたまチケットを手に入れたこともあり、国立ルベン・ダリオ劇場で行われた、世界的ソプラノ歌手マリア・カラスの死没40周年のイベントを友達と見に行ってきました。 このイベントは、マリア・カラスという世界的なソプラノ歌手の人生を、スペイン人のソプラノ歌手、女優、イタリア人のテノール歌手、ニカラグア人のソプラノ歌手、オーケストラ、合唱団がチームになって1つの作品として表現するというものでした。 この分野には全くの知識がありませんでしたが、この作品をとおして、マリア・カラスという女性を知り、彼女の壮絶でありながらも音楽の世界で成功した人生や、ソプラノのむずかしさや素晴らしさを少しだけ知りました。 ソプラノ歌手の歌声を生で聞くのは初めてで、本当に皆無な知識だったので、 ニカラグアで最大規模の国立劇場で上の席に座っているのにこんなに声が響くなんて、マイクを使って歌っているにちがいない! とずーっと思っていたのですが、よく見ながら声を聞いているとマイクなど使っておらず、調べると、このようなオペラでは普通はマイクは使わないそう。 こんなことすら知らなかったのかと反省する一方、ホールに仕組みがあるにしてもこんなに声が響くのかと驚き感心しました。 他にも驚いたのは見に来ている人たちのゴージ…

続きを読む

グアテマラからのお客さん2

グアテマラの知人たちの旅行2日目は、カリブ海に浮かぶコーン島に行く人たち、グラナダにまた行く人、マナグアに残る人など、それぞれが自由に動くプランだったので、僕はそのうちの1人とアポヨ湖というグラナダ県とマサヤ県の間にある湖に行った。 ニカラグアは、火山と湖の国と呼ばれているほど多くの火山と湖があり、アポヨ湖はその数ある湖のなかでも最も綺麗で、最もレジャーに向いている湖だと思う。 湖を一望できる展望台もあれば、湖畔には多くのリゾートがあり、泳ぐこともカヤックやパドルボードで遊ぶことも釣りをすることもできる。 今回は、湖畔にある”PARADISO"というホステルに行ってきた。 そこはホステルではあるが、敷地内にプライベートビーチ、カヤック、パドルボード、うきわ、バー、ビリヤード台、卓球台、テレビ付きくつろいスペースなどがあり、宿泊しなくても7米ドルで1日遊び放題の、遊び盛りにはもってこいの場所。 ここ以外にも、似たようなホステルがアポヨ湖の湖畔にはいくつかあり、いろいろ試してみたが、やっぱりここが1番アクティビティも多く、コスパもいい。 アポヨ湖の後は、マサヤ市内にある民芸品市場に寄ってお土産選びをし、その市場の近くの中央公園に行った。 中央公園には、連休ということもあり移動遊園地や出店が出ていた。 このような移動遊園地は、年末や祝日などイベントごとがあると国内各地に出現し、近隣の子供たちでにぎわう。 この観覧車はニカラグア…

続きを読む

グアテマラからのお客さん1

ニカラグアと同じ中米の国、グアテマラに住む日本人の知人6人が、連休を使って2泊3日で遊びに来たので、アテンドをしつつ一緒にニカラグア観光。 去年は僕がグアテマラに行き、1週間滞在してお世話になったので、今回はそれの恩返しも込めて。 日本人が遊びに来てくれることはなかなかないのでうれしい。 一緒に観光と言っても、2日目以降は国内でそれぞれがバラバラの動きをし、最終日の空港でまた集合という旅行プランだったので、全員一緒に観光したのは、皆が同じ動きをした1日目のみ。 1日目は、朝8時半過ぎにマナグアの空港で合流し、彼らの希望でそのままグラナダ方面へ。 グラナダは、マナグアから車で1時間強の場所に位置する観光都市で、1524年にスペイン人に発見された中米で最も古い町と言われている町。ニカラグア観光では外せない町の1つであり、マナグアからそれほど遠くないので行きやすい町でもある。 グラナダに向かう途中、中間にあるマサヤ火山に寄った。 マサヤ火山は現在、火口を覗いてマグマを見ることができることもあり、観光スポットとなっている。 今回は日中に行ったのだが、夜だとこのように赤いマグマが暗闇に映える。 グラナダは観光都市なので見るスポットはたくさんあるが、今回は時間の都合やそれぞれの好みなどいろいろあり、結局見たのは中央公園、グラナダ大聖堂、多種のお店が立ち並ぶ観光ストリートの3つのみだった。この3つはグラナダ観光でまず抑えるべきところで…

続きを読む

ニカラグア人女性に弄ばれた

日本人が比較的、約束や時間に厳格であるがゆえ、日本人が海外に出ると外国人の約束事をあまり尊重しないところや、時間にルーズなところにしばしば驚くことがある。 そうはいっても、ニカラグアに来てもう2年。 もうカルチャーショックは何度も受けた。 大体のことは把握しているし、慣れているはずだ。 特に、ニカラグア人の約束や時間の守らなさはもう何度も経験しているし、よほどのことでない限り、怒りやあきれの感情もなく受け入れてしまうだろう。 もちろん、約束や時間をしっかり守る人たちもいるが、これまで仕事やプライベートで出会ってきたニカラグア人の大半は、「約束事や時間に厳格」とはとても言えない。 ある企業が主催の夕食会に参加したときも、18時半が集合時間であったにも関わらず、18時半に会場にいたのは、約100人の参加予定者のうち10人にも満たなかった。 その後も、19時で20人。19時半で30人。と、一向に揃わず、開始から2時間が経った20時半でようやく半分の50人を超えたくらいであった。 最終的に約半数は連絡なしで欠席し、用意してあった夕食は無駄になったという。 また、現地企業とのやり取りの際も、「本日14時までに送ります」と言った資料が15時、16時になっても来ず、催促をすると「今すぐ送ります」になり、結局来ずに再度連絡をすると「担当者は帰ったので明日まで対応できません」になる。 これで次の日にちゃんと資料が送られてくればいいが、全く関係のない…

続きを読む

第2の都市レオンはさらっと行けるとこじゃない

日曜日は、レオンに住む友達に呼ばれ、急遽日帰り旅行をすることに。 レオンは、首都マナグアから北西に約100キロの位置にあるニカラグア第2の都市。 マナグアを11時30分に車で出発し、到着したのは13時。 もっと時間がかかる事が多いが、今回は道がすいていたので割と早く着いた。 マナグアからレオンまでは、Carretera Vieja と、ここ1,2年で新しくできたCarretera Nuevaの2つの道があり、距離にほぼ変わりはないが、Carretera Vieja の方が若干早い。でもCarretera Viejaは、馬、牛、犬などの動物の飛び出しが頻発したり、途中に街が少なく街灯もないところがあるので、夜になると真っ暗なのがマイナスポイントもある。 マナグアから友達と歌って騒いでのパーティ状態のいつもの車中に比べると、1人で歌って騒いで向かう今回は、賑やかさに欠けた。 14時が集合予定だったので、お昼ごはんを食べたらちょうどいい。 お昼ごはんは何度か行っているケバブのお店。 学生のころによく食べていたケバブは好物の1つだが、マナグアでは見たことがない(本気で探したわけではない)ので、レオンに来ると食べる恒例になりつつある。 これで109コルドバ(400円くらい)。 ちょっと胡散臭く見えるかもしれないが、店主はパレスチナ人なので本格的なはず。 ただ、店主は調理場にいるわけではなく、ニカラグア人従業員に会計を任せるのが怖いのか、…

続きを読む

中米最強に!

ついにU21男子バレーボール中米大会最終試合! いよぉぉおおしっ!! いくぞおニカラグア!! これに勝てば全勝優勝だぁ!!! 1セット目 ニカラグア25-17エルサルバドル おりゃああ!どーだぁエルサル!! 2セット目 ニカラグア25-14エルサルバドル ひゃっほぉおお!! 危なげないぜぇえ!! 3セット目 ニカラグア25-20エルサルバドル 終盤で一気に追い上げられるも、逃げ切る。 うおおおおおおおおおおおおおおおお 勝った!!! 1位!!! 優勝だぁ!!!!! U21男子バレーニカラグア代表、中米大会優勝!! 2003年大会に次いで2回目!!! よっしゃぁあああ!!! しかも全試合ストレート勝ちの圧倒的勝利!! 1セットもどの国にも取られず、あの中米最強の位置にいたグアテマラさえ寄せ付けずの優勝! 気持ちいい!! 最終結果は 1位ニカラグア 2位コスタリカ 3位グアテマラ 4位ホンジュラス 5位パナマ 6位エルサルバドル 7位ベリーズ MVPは、ニカラグアのキャプテン Jonny Zeledón 得点王は、1試合で37得点を決めたパナマのJosé Anguizola 37点。やるな。 MVPの彼は、見に行けた最後の2試合を見ている限…

続きを読む

バレーボール最強の国へ

VIVA NICARAGUA!(いっけーにからぐあ!) USTEDES PUEDEN!!(おまえらならやれるぞ!!) 体育館が小さいからか、観客の声援が異常なのか、 男子バレーボールU21中米大会の会場は耳が痛くなるほど大きな音に包まれていた。 他の観客たちと同じように声を出して応援すると、 「アジア人がなんか騒いでるよ」 と言わんばかりにこっちを向いてクスクスと笑っていた。 うるせー!ニカラグアが好きなんだ!自由に応援させろ! 声には出さないが、その気持ちでめげずに応援していると、もはや何も気にされなくなった。 観客は100人前後しかおらず、席は隙間だらけでさみしいのだが、 「糖分を大量摂取して、あぶらっこいものを食べ続て大きく成長した人たちがお腹から本気で声を出すと、ここまで会場を熱気で包むことができるのか」と感心するほどにうるさかった。 プラスチック素材で、やたら大きな音を出すカラフルな楽器を腕にいくつも抱えている売り子は、10歳にも満たない少女。 かわいっ!買いたくなるわ。 その楽器を観客の多くが手にし、点が入るたびに甲高く大きな音で盛り上げている。 この大会は9月5日~10日の期間でニカラグアの首都マナグアで行われ、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマの7か国が参加する。 今回で17回目を迎えるこの大会は、これまで不定期に…

続きを読む

パン食べてけん玉してたら車がきれいになった

はやく言えば洗車場に行ったんです。 日々雨でぬかるんだ道を突き進んだり、砂ぼこりが舞う街を文句も言わずに走っている愛車がかわいそうになったので、仕事の昼休みを使って洗車場に行ってきたんです。 首都のマナグアには、洗車場が数えきれないくらい存在しますが、日本のガソリンスタンドの隅にあるような洗車機はもちろんないので、洗車場では若いお兄さんだったり、お姉さんだったり、おじさんだったりが一生懸命タオルとスポンジで洗車をしてくれます。 高圧ホースを持っている洗車場は多いですが、 「それ高圧?汚れおちんの?」 と思わず言いたくなるホースを使用しているところも多いので注意が必要です。 僕が今回行ったのは、カサイタリアという洗車場。 お昼休みにいったせいか混雑していて、3つ洗車スペースがあるのですが、僕の車が洗車スペースに入って洗われ始めるまでに到着から1時間もかかりました。けっこう人気みたいです。 働いている人の数が関係しているのか、はたまた洗車能力が関係しているのかはわかりませんが、2人がかりで洗っている洗車スペースと1人で洗っているところがあり、2人がかりのところは1台20分弱(車の種類にもよりますが)のところ、1人のところは35分~40分かかっていて、僕は運よく2人のところに入れられたのですが、1人のところに車を入れることになった人と、洗っているおじさんが少し気の毒でした。ちなみに、そのおじさんは帽子の両サイドから強めのパーマの髪がもさっと出てるタイプです。 こ…

続きを読む

ラテン女子にナスのみそ炒めを食べさせた

仕事終わりにニカラグア人のある女友達がうちに遊びに来ました。 彼女は、僕がこの国に来てわりと序盤で仲良くなった22歳の女の子で、もうかれこれ1年半以上の付き合いです。 彼女は料理上手で、たまにうちに来てニカラグアの家庭料理をふるまってくれていたのですが、 僕が一時帰国で日本に帰っていたこともあり、ここ2か月以上会っていませんでした。 そんな彼女がうちに久しぶりに来るということで、 久々だし、日本からいっぱい日本の調味料とか持ってきたし、なすもらったし、 ナスのみそ炒め食べさせるしかないか! と思い、作りました。 まぁナスのみそ炒めといっても、あるもので作った完全オリジナル作品なので、ナス並みにトマトが入ってたりといろんなことが起きていましたが。 それにプラスで、炊き込みご飯とお味噌汁もつくりました。 またみそ!! そんなこんなで料理をだすと、 彼女はにまぁ~っとほほ笑み、幸せそうな顔で写真を撮り始めました。 実は、料理を作っている最中も、にやけながら近くをうろうろして、見たことない調味料一つ一つに「これはなに?これは?」と聞いてきていました。 食べ始めると、 "Que rico! Ya puedes casarte!!" 「うまーっ!もぉ結婚できるよこれなら!!」 と言いながらもぐもぐと食べてくれました。 うれしいですね。 こどもにおやつのケーキをあげてる気分です。 …

続きを読む

ニカラグア生活の楽しさを伝える第一歩

はじめまして。 いろいろなことが重なり、ニカラグア生活のブログを書くことを決めました。 これが初めてのブログ記事ではありますが、実はニカラグアに来てもうすぐ2年が経ちます。 じゃなんで今更ブログ? なんでかというと、 理由はいくつかあるのですが、 一番は、先月日本に一時帰国したとき、ある友達にニカラグア生活の楽しさを伝えると 「そう思わなきゃやっていけないんでしょ?楽しいわけないでしょ」 と言われたことです。 出発前はSNSで向こうの生活をみんなに伝えよう!と意気込んでいたのに、SNSが得意ではない僕はこの2年間ほとんど投稿せず、しても2、3か月に1回程度だったので、魅力が全く伝わっていなかったのでしょう。。。普段からもっと楽しさを発信していれば。。。 でも、 「もっと向こうでのこと投稿してよ!」と言ってくれた優しい人たちもいたので、それも今回ブログをはじめる理由の一つです。(ただの社交辞令か) あとは、これまで手で書いてた日記を紛失して泣きそうになったとか、新しいパソコンゲットだぜ!とか、長い雨季の強い雨に精神的ダメージ喰らって外出が減ってるとか、いろいろですが、 とりあえず!!はじめるんです!!! 日本では考えられない出来事や、日常に転がってるツッコミどころ満載なものなど、魅力たっぷりなニカラグアでの生活を書いていきます!いくつもりです! 手書きの日記は一旦中止! よし、これが第一歩。

続きを読む

こんなことをしています にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村